プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

ご覧いただき
ありがとうございます。
【龍のひげ】の
【猫のひげ】と申します。
いまの時代に適応できない、
とってもなアナログ人間
ですので、
更新等なかなかうまくいかないところもあるでしょうが、
春の日差しのような
あたたかい目で
見守っていただければ
幸いです。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« “進化”する日。 | メイン | Adios! »

2012年3月14日 (水)

招かれざる……珍客。

どうも、みなさま。
ごきげんいかがでしょうか。

ノラ猫を保護しました。
先日、夜遅い時間に、店の近くで。
しかも二匹。
生後1~2ヶ月ぐらいの、手のひらにおさまるほどのサイズ。
ともに黒猫。
すごく、可愛い。

しかし困ったことに、
うち一匹がとてもシリアスな状態でした。
詳しくは述べませんが、放っておいたら、
翌朝まで生きているかどうか、といったところ。
そのままにはできず、べつべつにダンボール箱に入れ、
自転車で、30分以上かけて、なんとか自宅まで連れて帰りました。

家に着いたのが深夜でしたので、動物病院も開いておらず、
どうしたものかと困りました。
インターネット等でいろいろ調べて、応急処置を施したものの、
二匹とも元気がなく、シリアスなほうはかなり衰弱しており、
動けず、ぐったりとした様子……。
缶詰のエサを口につけてやっても、自力で舐めることすらできない。
いよいよこれはアブナイと、すぐにコンビニまで走り、牛乳を購入。
(本当は猫用ミルクがいいのでしょうが、なにせ夜中&緊急でしたので)
かるくあたため、注射器で口のなかに流し込み、
無理やりにでも飲ませました。

なんとか飲ませ、あとはとにかく身体をあたためてやりました。
とても寒い日だったので、ファンヒーター、ホットカーペット、
ペットボトルにお湯(湯たんぽ代わり)、タオルなどなど、
総動員してあたたかく保ちました。
しかし熱すぎたり、空気が乾燥してもいけないので、
ほとんど“寝ずの番”。

朝、祈るような気持ちでのぞいてみると、
ダンボール箱のなかの二匹は、寄り添うようにして丸まっていました。
のぞかれていることに気づくと、ムクッと身体を起こし、
『みゃー、みゃー』と鳴いて、何やらアピール。
すこしは元気を取り戻していました。
ひと安心。

寝不足でフラフラしながらも、出社。
しかし仕事中も気が気でなく、睡眠不足もあり、集中力がやや低下。
活を入れるため、家から持参した栄養ドリンクをあおり、
なんとか乗り切りました。

帰宅すると、二匹の黒猫はだいぶ元気になっており、
エサも食べるし、トイレもするし、悪さもするし……。
ダンボール箱に入れてフタをしても、
そのフタを押し退けて脱出し、部屋を徘徊。
だけにとどまらず、壁と家具との細~いスキマに入り込んだり、
こまごまとある小物の中にまぎれ込んだり。
手を焼かせてくれます。

また翌日には、さらに元気になっており、
衰弱しきっていたのをまるで憶えていないかのように、
部屋中を走ったり跳ねたり。
新聞紙やティッシュをちぎって散らかしたりもしてくれます。
まぁ……
元気になってくれたんならそれでいいけどね……。

そして数日後、
小生の家にはもともと飼っている猫がいるので、
感染病などの危険性もあり、
保護した二匹を検査するため、動物病院へ。

あらかじめ電話してからの訪問。
受付でいきさつを話し、早速診察室へ。
体重を量り、体温を測り、目や耳を調べ、便を検査し、
白血病や猫エイズもこわいので、血液検査も希望。
すると先生が
『血液検査は別途、一匹につき○○○○円かかりますが、いいですか?』
と、確認。
頭のなかで、お札に羽が生えてパタパタととんでゆく画が浮かびましたが、
これも人助けならぬ、“猫助け”のため。
万年ビンボーの小生には痛い出費でしたが、涙をのみました。

ひとつひとつの検査をしながら、
先生が丁寧に説明し、診断結果を教えてくれる。
血液検査はすこし時間がかかるため、しばし待つ。

検査の結果は……
異常なし。
よかった。
これで、我が家の猫たちと一緒にいさせても、とりあえずはOK。
完全隔離&厳重監視の事態は避けられました。
よかったよかった。

さて、すべての検査が済み、お会計。
むこうのほうで、先生が看護婦さんに何やら小声でヒソヒソと伝えています。
かすかに聞き取れたのは
『……はいい…………だけ……』ぐらい。
そしてその看護婦さんがやってきて、請求書を提示。

ん?
安い。
そう、血液検査代だけの請求で、
初診料や、そのほかすべての検査をサービスしていただきました。
しかもそれをこちらに言うこともせず、内緒で。
こころにくいではないですか……(涙)

こういったさりげない、あたたかいやさしさって、いいですね。
当たり前のことかもしれませんが、
この先生は、本当に動物が好きなのでしょう。心から。
そして、こちらの境遇を理解し、ご厚意をかけてくださった。
“魚、心あれば、水、心あり”といったところでしょうか。

とてもありがたいなぁと思ったので、
せめてものお礼として、宣伝させていただきます。
と云っても、このブログではたいした効果にはならないでしょうが、
それでもまぁ、気持ちの問題ですので。

【みるく動物病院】
京都市南区吉祥院車道町48
(葛野大路・九条の交差点を東にすこし行った南側)
075-693-3822
詳しくはホームページをご覧ください。
お近くの方はぜひ。

まさかいらっしゃらないとは思いますが、
診療代を無理にねぎったりしないでくださいね。
今回は、偶然のご厚意ですので。

さて、この二匹をどうしたものか。
健康で、病気もないということなので、
里親募集でもしますか。
心情としては、これも何かの縁、
ウチで飼いたいのですが、さすがに四匹は……。
数がどうというより、小生の場合、
家の先住猫にたいへんな問題がありまして……。
その話はまた、べつの機会に。

それでも、いい人が見つからなければ、
「二匹も四匹もイッショ!」
と覚悟を決めて、最後まで面倒をみてやるつもりです。
猫屋敷になりますな……。

小生、何かと“運命づける”ところがありまして、
今回の一件も、
「自分が見つけたということは、なんとかしてやるのは自分なのだ」
と思いました。
どうなるかはまったくわかりませんが、
とりあえず、二匹の仔猫は可愛いです。

それではまた。
良い夢を。

京料理とフレンチ割烹 龍のひげ のサービス一覧

シェフ紹介:
BEST OF MENU
京料理とフレンチ割烹 龍のひげ
  • TEL050-3469-7127